Netflixでリラックマを見て泣いています。

スポンサーリンク

Netflixをお試ししている。


海外ペンパルに教えてもらった映画を観たくて既に加入しているU-NEXTで検索したが見つからなかったため、お試し加入をした次第なのであるが、Netflix独占配信中の『リラックマとカオルさん』が思いの外、すごく、良いのだ。


リラックマの実写版てどんなストーリーなんだ?
ただのもふもふ動画なのでは?


と単純な好奇心から観はじめたら、第1話から泣いていた。




主人公はもちろんリラックマ、コリラックマ、黄色いトリなのだが、タイトルにもある通り、カオルさんも主人公として登場する。



単刀直入に言うと、このカオルさんに想いっきり感情移入できてしまうのだ。
してしまうのだ。



だんだんと友人たちが既婚者になっていく取り残され感。

けっして裏切らず、自分に寄り添ってくれる猫が欲しい。

地元の母親からかけられる理不尽な重圧。

このままこの会社で働いくのが正解なのだろうか?

自分の好きなものすら意志を持って決められないという自己嫌悪。

淡い恋心を抱く宅配業者のあの人に会いたいがため通販地獄に陥るカオルさん。



人はずっと同じでいることなんてできないんだよね。

こんな想いはちゃんと持っているカオルさん。



カオルさんはカオルさんなりに生きている。


日常の小さなことで一喜一憂するカオルさんに、何事もないように寄り添うのがリラックマたちだ。


そんな日常がうらやましい。



さっそく、会社の同僚(独身女性)数名に勧めまくっているのだが、男性や既婚女性が見たら感じ方は違うのだろうか。



ともかく、私はリラックマと共に生活したかった人生だった。




リラックマ くったりぬいぐるみ特大 リラックマ MD15101

リラックマ くったりぬいぐるみ特大 リラックマ MD15101