成功ノートもモーニングぺージも続かなかった。

スポンサーリンク

今年は「成功ノート」と「モーニングページ」にも挑戦していました。
実は。

手帳を持たなくなって久しく、ブログ用のメモもEverNote利用。 勉強でもノートを作るというよりは書き殴りメモ方式の私でも、時たま何かを記録していきたくなるのです。



まず始めたのが「成功ノート」。
この本を読んだことがきっかけでやってみようかなと思ったもの。

マネーという名の犬 12歳からの「お金」入門

マネーという名の犬 12歳からの「お金」入門

お金を貯めるマインドを作る一貫として、自分の中の成功体験を積み重ねていく鍛錬があるのですね。

ある程度の期間書き溜めて行って、気持ちがブレそうな時に振り返って見ると「○○ができたのだから、自分はもっとできる!」って気分がアガる……はずだったんだけど、実際書き始めたら毎日同じようなことばかり書いていて、それがかえって「毎日同じことしかしてない自分ってつまらない?」なんてめそめそしてきたのでやめたのでした。



そこで、以前から名前だけは知っていた「モーニングページ」に切り替えました。
こちらも、まぁ、似たようなものなんだけど毎朝ノートに思いついたことを書いていくだけで人生が変わるくらいにマインドや行動に変化をもたらすというというもの。
noteでも時たま見かけたような気がします。

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。

  • 作者:ジュリア・キャメロン
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2017/05/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


こちらは朝、起きぬけに3ページ、何でもいいから頭に浮かんだことを書いていくんですがこちらも1ヶ月もしないうちに「○○すればよかった」とか「昨日××だったのは~だったからだ」とか、反省文ばっかりになってきてしまって。


ネガティブなのか真面目なのか。
そうなると朝から気分が若干サガってしまうので「私はノートを書いて気分アゲてこ!」みたいな上昇志向人間にはなれない……と諦めたのでした。


続かなかったのは、誰にも見せないものなのにも関わらず人目、というか自分自身の目を気にしていたからなんじゃないかと思います。
ほんと、今思うと、ってことなんだけれど。
何も気にしなかったらどんなにネガティブな事でも、めちゃくちゃな事でも書き続けられたはず。
こんな事を書いたら気分がサガる、いかんいかん、もっと前向きにならなくちゃ。
なんて、自分で自分を縛る必要はなかったのにねぇ。



昨日からはつれづれなるままに書き流すブログをスタートさせました。
ブログは人目につくものなので多少は外面を気にはしますが、アウトプットの練習が目的なのでとにかくたくさん文字を打って行きたいなと考えています。


f:id:GOUNN69:20191220070120j:plain




そういえば親指シフトの練習をして、ちょっとは打てるようになってきたかな? というところで異動等もあり(職種が変わって打ち間違い厳禁になった)、会社で使用しなくなり、となると自宅でも打たなくなり、現在はすっかりアルファベット打ちに戻っています。
それでも、キーボードをカタカタ音を立てて打っていくのは楽しい!