ミレーナ(IUS / 子宮内システム)を装着することにしました

スポンサーリンク

ここ数年で生理痛が起こるようになってきました。
これまでは生理前 / 中の眠気がすごかったくらいなんですが、最近ではおなかも痛い、痛いから動くのが億劫(動けないわけではないけど気力が出ない)。
鎮痛剤も常用するように。


40歳を過ぎ、出産の意志もないのに、そもそも生理=出産の準備を毎月しなくてはならないのが非効率……というか無意味では?
と考えるようになりました。


そう思うようになってからTwitterでたまたま存在を知った「ミレーナ」。


避妊の目的で子宮内に装着する小さな器具のことです。
韓国映画をよく観る方だと『暗数殺人』でチュ・ジフン演じるカン・テオの殺人容疑を決定づけるキーになったアレと言えばピンとくるでしょうか?
(ピンとくる人少なそうㅋㅋ)



ミレーナについての概要、メリット・デメリット等、詳細はこちらの動画をご参照ください。



避妊だけでなく、経血が多すぎる人は量を軽減させる、PMS(生理の数日前から始まる体やこころの不調 / 下腹部痛、頭痛、腰痛、肌荒れ、食欲増加・減退、情緒不安定など)軽減に効果があります。
また、装着してから月日が経つにつれ出血量が少なくなっていくようです。
(完全になくなる、というわけではなさそうで、この辺は本当に人により)


ピルという手もありますが、飲み忘れがネック。


いちど入れてしまえば5年間効果が持続するミレーナの方に魅力を感じました。




ということで、本日、市内のクリニックでカウンセリングを受けてきました!

費用について ※私が受診したクリニックの場合

避妊のみを目的に装着する場合は5万円ちょっと。
PMS緩和目的であれば保険適用となるので1万5000円。
半年、装着を継続したらモトが取れる(ピルは飲み続ける限り新たに費用が発生するけれど、ミレーナは初期費用のみでOKという考え)


私は経血量がすごく多いというわけではないのだけれど……

経血をぎゅっと出そうとすることにより生理痛は起こる。
それで鎮痛剤を常用しているのであれば、軽減させるために装着するのも手。

カウンセリングでもらった冊子を読むと、レバーのような血のかたまりが見られる場合には「過多月経」の可能性もあるそうで。
レバーほどがっちりしてませんが、かたまり的なモノは出て来るので私も“ちょっと多め”なのかも?


装着後、万一、パートナーができたら

「装着した後、不慮の事故のように素敵なパートナーに出会えたら、取れば(子宮の機能は)元に戻りますしね」だそうです。



事前の検査

カウンセリングの後、意思確認をしたらすぐにでも装着可能と言われましたが、装着に適しているという「生理開始後10日以内」に施術してもらうことにしました。
よって、いざ装着という時に異常があると困るので事前の検査のみ行いました。
検査中、何かいろいろやってるな? と思っていたら「ポリープができていました。 悪性ではなさそうですが検査のために切除しました」と!
検査後、保管用の容器に浮かぶポリープを見せてもらいましたㅎㅎ
あと、やはり“切除”したので生理痛のような痛みが少し出ましたね。

この他は特に何もなかったので、来月、装着をする予定です。


今回かかった費用は

初診料
検査料金
(想定外の)ポリープ切除料金
合計 14,250円  でした




装着後に、体験したことをブログに残しますね~~~。





f:id:GOUNN69:20210612174958j:plain






【つづき】
shiba-fu.hatenablog.com




こちらから匿名メッセージを送れます。
お返事はTwitter上でさせていただきます。
お気軽にどうぞ~。
marshmallow-qa.com