読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

au revoir,留学生くん~彼の思い出から今のおうち事情について~

シェアハウス暮らし
スポンサーリンク

f:id:GOUNN69:20150509204351j:plain

連休中、東京から帰ってきたらお向かいの部屋のフランス人留学生くんがいなくなっていました。
ドア全開・窓全開で荷物がなくなっていたので、おそらく帰国されたか、他の物件に引っ越したか・・・。
たまたま台所で会った斜め向かいのお部屋のTさんに聞いてみましたが「えっ、そうなの?!」という反応。
今のおうちは、前のおうちと違って家族感のない感じなので、誰かが引っ越してもこういう感覚なのね。
留学生くん、いつも巻き煙草吸ってたなぁ。
いつ会ってもヘッドフォンしていました。
そして、時々、おうちの中を土足で歩いてました。

住人がひとり減ったので共有の冷蔵庫のスペースも必然的にいっこ空きが出る・・・暗黙の了解的になんとなく「この段はあの人が使ってるっぽい」で住み分けがされている冷蔵庫。
私が半分使わせてもらってた段のもう半分を見てみたら賞味期限が切れてるものばっかり入っていたので勝手に捨てて、その段ぜんぶ使わせてもらうことにしました。
すっきり!

居住ルール、案外緩い今のおうち。
というか、ルールという認識はないですね。
シャワー室に鍵がかかってたら(同じスペースにある)トイレと洗濯機は使えません、くらいじゃないだろうか。
お掃除についても当番はなし。
というのも、共有スペースは月に2~3回の割合で大家さんがお掃除をしてくださるから!
入居した時、メンズ率高い割には案外キレイだなとは思ったのは大家さんのおかげ。
前のおうちではみんなで掃除しましょうスタイルだったので、こんなことを思ったりもしていましたが・・・

shiba-fu.hatenablog.com

今では自分自身もゆるゆるに。
でも、毎日ガスコンロやシンクまわりは使ったら拭いてるし、週にいちどは(大家さんが掃除してくれるとはいえ)階段と居間を掃き掃除&クイックルワイパー(綿埃、一体どこからわいてくるんだ?!)、玄関の掃き出し、自分が使うトイレの個室の掃除はしています。
シャワー室のタイルや洗面台も時々気がついた範囲で。
全てを大家さん任せにはできません。

昔、モダンバレエの教室に通っていた時、先生に「お世話になっている場所は自分できれいにしないといけません!」て言われたのが効いてます。

場所への感謝の気持ちは忘れちゃいけないですね。