読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年以上使っていたバッグにさようなら。アウトレットでバッグを購入してきました。

スポンサーリンク

目下、捨て熱燃焼中の身ではありますが@っちゃん・K田氏に誘われて滋賀県竜王のアウトレットにお出かけしてきました。

運転手付きで。

K田氏の同僚(滋賀県出身)によれば、「滋賀県が誇れる唯一の商業施設」のようです。

普段、洋服や靴その他もろもろはネットで済ませてしまう私にとっては久々の「お買い物」。

 

到着早々、二人はどんどんお買い物をしてくのですが、ついつい「この服は似たようなのを持っていたはず」とか「かわいいけどあんまり着ないで終わりそう」とかいう考えが頭をよぎってしまってしまいます。

そんな私に二人から「バッグ、いい加減に買い換えた方がいいんじゃないですか?」という指摘が入りました。
大学の頃にフェリシモで買ったナントカさん(名前を忘れたけれど海外アーティストだったはず!)の手書きバッグです。

f:id:GOUNN69:20141013073158j:plain


単純に考えて10年以上使ってることになります!


自分でもつい最近になって「あ、なんか取ってのところの革が剥がれてる・・・」と気が付いてそのうちに買わなきゃな~とは思っていたのですが、二人から見ると(ということは世間一般的な視点から見て)「相当に傷んだバッグ」になっていたようで、一介の女子としてもちょっとイタいということですね。

水玉のとこも「自分で塗ったんかと思いました」て・・・ひどい!


物持ちがいいと言うのと、みすぼらしいというのは紙一重


二人の忠告に従って、この日はバッグを買うことに決めました。

さほど大きくなく、手持ち型で、かわいい感じの物がいい。

いろんなお店を巡り歩いて、最終的にBEAMSで決めてミッションコンプリート。

4,000円でした。

ナントカさんのバッグ、記憶では10,000円くらいはしてたと思うのでだいぶお安く新品購入。

f:id:GOUNN69:20141013073240j:plain

丁寧に使ったらまた長く一緒に過ごせるのかな。

長く使うなら手入れをしながら。

黒いバッグはお塩を振ってから「今までありがとう」を言って処分させていただきました。

 

お昼はもりもり寿し。

お茶の粉を入れずに湯呑にお湯を入れようとして驚かれました・・・。

地元の回転寿司ではお茶がそのまま出てきてたんだもん・・・。

 

4人で集団行動をしたので、普段は絶対入らないようなお店にも入ってみることができたのも、目にも楽しかったです。

バッグの他に3,500円のワンピースも購入。

 

K田さんのお友だちオススメ「滋賀のファッションと言えばボンフリBORN&FREE特設店も見ることができました。


普段は行かないアウトレット。

混み具合は想像通り。

滋賀の兄が車を出してくれたおかげで行き来も楽で、久々にみんなの顔も見れたし、何より普段はひとりで済ませちゃうお買い物をあれこれ言いながら出来たのが楽しかったです。