燃焼スープを見直す!!

ダイエットに興味のある方ならいちどは聞いたことがあると思われる「燃焼スープ」。
トマト、セロリ、キャベツ、ピーマン等々をぶちこんで作るあのスープです。
私もつい昨日まで会社ランチのお供としてスープジャーに詰め込んで毎日持って行ってましたよ!
無一(@dekajiri_hoshii)です。


私の場合は燃焼スープによる食事制限をしているわけではなく、単に腹の足しにするなら野菜たくさんのスープの方が身体にいいだろうくらいの軽い気持ちで食べていたに過ぎないので、この記事はさほど深刻なものではありません。


見直すきっかけになったのは、いつも大変に旨そうなレシピばかりで眺めるだけでも満足してしまうねこやまさんのこの記事です。
www.umablo.net



今までなんで気づかなかったんや、自分!
スープのベースにしているトマトって「身体を冷やす食べ物」でしたよ。
セロリもそうやったんや・・・。
燃焼スープの「燃焼」とは? って感じです。
この名称、いろいろググっていると脂肪燃焼というよりは病院等でも作られている減量食(脂肪分が少なくて低カロリーな食事)という意味合いもあるようです。
いろんなネット記事でもこのスープをダイエット目的で食べる際には食事面での注意事項が多いですもんね~。


これまで作っていた通称・燃焼スープにかわって、血液循環をよくして身体自体を温める温活スープを食べるようにした方が体温あがって代謝がよくなるのでは、と思い毎日持って行くスープの内容を変えてみることにしました。
これからの季節、暑くはなりますが女性の場合は冷房対策が必要な時期到来ですからね!
普段の体温が上がり基礎代謝量が上がる=代謝で消費するエネルギーが増えるので太りにくい体質になるってことです。
こちらのサイトも参考にして具材を選びました。
www.terumo-taion.jp


私が選んだ食材

・ねぎ
・にんじん
・大根
・しめじ
・生姜(チューブ)
・マルコメのだし入り液味噌 
・コチュジャン 
・ごま油 

分量は小鍋いっぱいになる位の具材、薄すぎない味付けとなる位の調味料です。
超適当です。
作るのが億劫にならないように適当がいいんです。


ニンニクも入れたかったよね~。
でもこれ、会社ランチの中の一品として作るやつなのでそこは我慢。
あと、基本的にスープの他のおかずは野菜、ささみや砂ずり、ゆで玉子とたんぱく源も入れてるのでスープの具材は野菜のみとしました。
味噌スープにしたのは材料が和風だったのと、味噌=大豆製品=たんばく質も摂取できると思ったから。
でも、カレー粉やクミンで味付けるエスニック風スープでもあたたまりそうです。


と、いうわけでできあがったのがこちらのスープ。
コチュジャンの風味とごま油の香りで、単なる味噌汁からちょっとレベルアップしてる気がする。
たぶんランチの時間、私ひとりでじんわり汗をかいていることと思う。
今日からのランチのお供は君に決めた!!


f:id:GOUNN69:20180627055001j:plain



にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

marshmallow-qa.com
マシュマロのおかえしはTwitterで行います。