赤裸々!35歳独身男性・よこちゃんの婚活事情ブログを読んで、そろそろ私も・・・と思い始めた件について。

スポンサーリンク

石川県在住・横田健一さんの婚活ブログ『Yokota@Blog』がおもしろいヽ(*´∀`)ノ

どこをどう飛んでいったのか全く記憶にないのですが帰省前にこんなブログを発見しちゃいました。

ドーーーン!
yokota-kenichi.net

35歳独身男がブログで今どきの結婚・婚活の全てを語るブログです!

35歳です!
同い年の地方在住・よこちゃんさんの婚活ブログです!
なんやこれーおもろそやん?!て読み始めたらどんどん過去に遡っていってしまって結局数日でブログの全記事を読んでしまったくらいおもしろかったです!

ちなみに記事を書いている横田さんはこんな方。

プロフィール
yokota-kenichi.net

私だって結婚したくないわけじゃないですからね

f:id:GOUNN69:20150816141049j:plain
「最近疲れちゃったなー」とお酒を飲む女性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ


わたくし常々、「子どもをすごく欲しいわけじゃないから、別に今すぐ結婚したいわけじゃない」「人生の終わりの時期に本当にこの人だと思える人と結婚できたらいい」「60歳婚ええやん」と申しております。
その最終的にこの人と思える男性には老いてからでも出会えるかもしれませんが、種はこまめに蒔いておかねばということで一応婚活っぽいこともしてきてはいたんです。
このブログにも婚活記事、あるんですよ?

shiba-fu.hatenablog.com
shiba-fu.hatenablog.com
shiba-fu.hatenablog.com

プロフィールページに記載しているような婚活レポ同人誌なども作ったりしました。
ブログ記事以前の婚活まとめです。
ネット婚活やガチの婚活サービスの体験感想、おすすめ婚活関連書籍紹介、カラスヤサトシ先生の婚活漫画をパロったぬるヲタ喪女視点のレポ本です。
詳細はこちら。

note.mu



その後、去年も地元のおじさんの職場の婚活サービスを親戚枠で利用しようとしたらやんわりお断りされた話とか、おじさんの奥さんのお姉さんや親の同級生さんがお見合い話をいくつか持ってきてくださって実際にお会いした話とかもあるんですが、これはブログ記事にもせず過去の出来事となっております。

活動しなければ機会はない、ということで一応の活動はしていたのです。
昨年末の時点で婚活疲れというまではいってませんが「ちょっと・・・しばらく婚活休みに入ろうかな・・・」という気分になり、今日まで休業を続けているだけです。

そんな私に、やっぱ普段なら出会えない人と会える機会でもある婚活イベントに、そろそろまた行ってみてもいいかな?と思わせてくれたのが横ちゃんさんのブログでした。

おすすめ!印象に残ったYokota@Blog記事をピックアップするよ!

「35歳はもう結婚できない!?」アラサー男性のリアルな結婚状況!
yokota-kenichi.net
記念すべき1本目の記事ですね!
よこちゃんさんのブログの何がいいって、ちゃんとデータも見せてくれてるところです。
5人にひとりは結婚できないこの現状。
まずは知ることから!
その上で「30代の我々には我々らしい結婚の方法が必ずあるはず!」と前向きな横ちゃんさんです。

アラサー独身男性たちよ、結婚したいなら年収400万以上の収入は必要だ!!
yokota-kenichi.net
男性にとってはこれ、大きな問題ですよね。
違う部署のとある男性は結婚してからも少しの間、自分のちゃんとした収入額を奥さんに伝えてなかったそうです。
これはウチの職場が「いわゆる低収入な会社」だからだと思うんですが。
ウチの職場、愛妻弁当率高いです。
奥さんの方が高収入な家庭、多いです。
こういう事情を見ているので、私は男性の方が高収入であるべきという理想はそんなに持てないですし、結婚してワークスタイルを契約社員やパートタイマーに切り替えたとしても共働きがデフォだと考えてます。

【徹底調査】現代のお見合い事情とは!?実は恋愛結婚よりイイかも!
yokota-kenichi.net
実際、お見合い話をもらうまで「お見合いって・・・」て思ってました。
よこちゃんさんがあげているメリットのこともあるし、自分の覚悟さえキメれば結婚に向かってしっかり歩いていける道です。
要は覚悟。
でもね、ハードル高いですよ。
最初から結婚を意識して会うわけですから。
紹介された手前、お返事はうやむやにできないし。
会うまでが気持ちの面でもすごいプレッシャーです。
ウチの親なんか相手自身について、会社について、自宅周辺についてネット検索までしてましたもんコワワ・・・!!

1番好きな人と結婚するって一体どういうことや!?
yokota-kenichi.net
これはたしかにそうかなーとも思います。
「とも」というのは、最初いまいちどうかなーと感じる相手でも、自分のことを好きになってくれた相手なら一緒に過ごしているうちにこちらの気持ちもいい方向に変わっていけるかなと思って、お付き合いした男性(上記リンク・ヲタ婚活イベントで知り合った方)がいましたが結局、私の方がいろんなことに対して義務感しか感じないようになってしまいお別れという運びになりました。
やっぱり、ちゃんとした意思を持った上ででないとむずかしいなーと感じた数ヶ月間でした。

【大人の事情】バツイチの女性との結婚はなし?めっちゃ真剣に考えてみた!
yokota-kenichi.net
うーん・・・私に置き換えてみるとお子さんがいたら躊躇します。
相手の過去どうこうというより、そのお子さんとの関係性をちゃんと作っていけるかなって。
相手の男性のことを本当に大切に感じられたなら彼の家族のこともきっと大切に思えると思いたいので、「実際にそうなってみないとわからない」というのが本音でしょうか。
福祉のお仕事をされているよこちゃんさんはこの点、非常に男らしい回答でした!

金沢Clubism(クラビズム)の婚活パーティーに行ってきたぞ!【体験記】
yokota-kenichi.net
この記事すげえな!って思いました(笑)
極秘資料の「○○○できそうか?」、これ、女性側も考えますからね!(笑)
いろいろ突っ込んでかいちゃうとぐーぐる先生に怒られちゃうので書きませんが、こういうイベントだと一瞬は頭をよぎっちゃうことだと思います。
だってお相手と交換するプロフィール欄に「こどもは欲しいと思うか」そんな質問がある場合もあるんですから。
まぁ、そういう視点で相手を見る前に歯とか爪とかも見ちゃいますね。必ず。
歯並びは致し方ない面もありますが清潔感とかね・・・。
めっちゃ不潔そうな口元の方と、ゆくゆくちゅーできるか?っていうね・・・。
爪についてはラブソングの女王・aikoも「ちっちゃい頃めっちゃ好きだった男子と手を繋げたのにその子の爪が汚かって嫌いになっちゃった」とインタビューかMCか忘れましたがそんなこと言ってました!
とりあえず、婚活イベントは男性も女性も双方疲れます!

35歳独身男、自分の電話帳のメモリーを見て愕然とする!
yokota-kenichi.net
私、自分の携帯に登録されてる男性の数を数えたことはないんですが年々、新たな異性と出会う機会も既に知り合いの男性と会うことも機会は減る一方です。
なのでよこちゃんさんも携帯に登録されてる女性の連絡先が7件だったとしても落ち込む必要はないです。
これからが大事なんです。
これからどれだけたくさんの女性に会って、関係性を築いていけるか・・・。
応援してます!
そしてブログの更新楽しみです(笑)
  ☆ チン
☆ チン  〃 ∧_∧
 ヽ___\(\・∀・)
  \_/ ⊂ ⊂_)

人として幅を広げるためにこれからたくさんの人と出会っていきたい

よこちゃんさんのブログを読みながら思ったのはこういうことでした。
結婚はその先。
まずはたくさんの人と会って、自分の世界を広げていく。
その方がおもしろそー!

また近々、このブログでも婚活イベント関連の記事がちらほらアップされるかも・・・?

記事を書いているのはこんな人です。
shiba-fu.hatenablog.com
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村