推しがひたすら美麗だった~イケメン戦国 THE STAGE 織田軍VS“海賊”毛利元就編~

スポンサーリンク

f:id:GOUNN69:20170903124747j:plain

京都への旅行中、『水崎舞』は雷に打たれる。
目を開けるとそこは、本能寺の変の真っ只中で……?
「貴様、天下人の女になる気はないか?」
命を救ったことで織田信長に気に入られてしまった舞は、彼の傍に仕えることに……!?
突如始まった戦国ライフ――豊臣秀吉・徳川家康・伊達政宗・石田三成……
歴史に名を残す武将たちに囲まれて、舞は信長の城・安土城で暮らし始めた。

時同じくして、貿易商を名乗る『松寿丸』が安土にやってくる。
信長のもとで天下統一の手助けをしたいと願う松寿丸は、織田軍に受け入れられた。
しかし、全ては嘘……
松寿丸の正体は――海賊衆を従え、謀神の異名を持つ戦国武将『毛利元就』だった。
懐に潜り込んだ松寿丸こと元就は、武将たちの信用を得て、さらなる謀略を重ねようとする。

淡々と進められていく内部崩壊の策、だが舞の存在が全てを狂わせる。
「一番の障害はあの女だったか……」
乱世で自分らしく生き抜いていく舞は、やがて――織田軍の武将たちにとっても、元就にとっても目の離せない存在になっていく。

元就の描いた全滅のシナリオを前に、織田軍の絆が今、試される……
イケメン戦国 THE STAGE~織田軍 VS "海賊" 毛利元就編~ | 公式サイトより


原作ゲームについてまったくの無知だったため情報解禁時には「- ( ゚д゚)ポカーン」だったんですが、推しちゃんが出演するものは全部観たいのでキャスト先行販売期間中にチケットは確保。
前楽日マチソワで観劇してきました。


イケメン戦国というちゃらいタイトルに反して、スピーディで緩急のついた伸びやかな殺陣盛りだくさん、アクション大好きな私は全編「ひゅ~~~」と心の中で呟きながら楽しく観つつ、今回から参戦という毛利元就様のドラマに泣いてめっちゃ良き時間を過ごさせていただきました。
武将たちの絆とか泣かないわけないから。
イケメン武将の皆さま、ありがとう!!!
そして、ストーリーを華やかに躍動的に彩ってくださった剣舞衆の皆さま、スバラ!スバラですよ!!!
あと、佐助はズルい! おいしい! 原作って佐助ルートないの?



TwitterでTHE STAGEについて「イケメン?」的な呟きもあったらしく、ググってみたら確かに1作目はサイトがあかんかったんやね。
キャスト写真、これは原作ファンも俳優ファンもおこだよ。
ニゴステはキービジュが命だったのでは・・・?
彼らの顔面をフル活用*1しないと!
でも、あかんかったのはサイトだけでステージレビューはとっても良いものが多かったです。
DVDって今でも買えるのかな?


これと比較して今回のサイトはキャスト写真もとっても綺麗。
コレコレ感。
実際のステージでもゲームキャラに寄ったビジュで、2.5感を存分に堪能。
もちろん、お芝居上での好感度アップの度にじゅん…とさせていただきました///
でもさ~~~ヒロイン舞姫、純すぎてかえって小悪魔じゃないですか?(だが、そこがいい)


ちなみにゲーム画面はこんなだそうです。

乙女ゲーって今までに『制服の王子様』しかプレイしたことなくて。
時間作って原作プレイしてみたくなりました。
Vita版がいいな。
(冬コミ終わったらな・・・)
推しちゃんが演じた光秀様は当然のこと、後略してみたいのは信長様、政宗様、幸村様。
元就様もルート欲しいです。


今回も推しちゃんの舞台を追うというきっかけを元に素敵なステージに出逢うことができました。
これまでの全てに……感謝!


冬コミ原稿始めてて時間がアレなんで、以下、感想等つぶやき貼り付けです。


※クーバーかわいいから好きです。




推しちゃんはひたすら美麗でした。
このお衣装、もう色合いとデザインがほんとスキ。
他の武将が濃いめだったり派手めの色合いだった中、白と青が基調なシンプルな色とデザイン。
ステージ上でぱっと目を引きます。
あと、甲冑がコルセットみたいでウエストラインすっきり、ただでさえスタイルがよいのがより強調されちゃう!
似合いすぎてる!!!
私、推しちゃんはK-POP好きな層に浸透するビジュだってずっと思ってるんですけど、どうでしょう。
べつにいま言うことでもないねんけど、しばらくこの観劇の感想ブログ更新することなさそうやからいま言っときます。
韓国でのスカウト事情って、顔よりもスタイルありきなんでしょ?
顔は整形でどーにでもなるから、修正きかない後ろ姿とか立ち姿で決まるって。
推しちゃんは顔よしスタイル超絶よしやし、ダンスも殺陣もお芝居もOKやし、トーク苦手なとこはご愛嬌ってことで絶対クると思うんダヨネー。
それはさておき、火縄銃、短筒、刀と三種の武器をつかいこなす殺陣。
後ろから迫る敵を、振り返らずに撃つとかかっこよいの極み。
意地悪キャラが見せる「お前だけに見せる緩んだ表情」も潤った。


いつもイベントのある日に観劇できないマンだったのですが、今回は急遽イベント追加でマチネ後にゲームする推しちゃんを眺められたのも嬉しかったです◎



イケメン戦国~天下人の女になる気はないか~(1)(プリンセス・コミックスDX)

イケメン戦国~天下人の女になる気はないか~(1)(プリンセス・コミックスDX)


記事を書いているのはこんな人です。

タイトルクリックで詳しいプロフィールページに移動します。
shiba-fu.hatenablog.com
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村

*1:『ママレード・ボーイ』映画化決定の際の吉沢亮くんの言葉、「ついにこの顔面をフル活用する時が来た」が潔くて好きです