『お江戸のキャンディー2』が極彩色の夢の時間すぎる

スポンサーリンク


おはようございます、『お江戸のキャンディー2』宣伝部員の無一(@sweetbean_tw)です。
6月4日(日)に下北沢の映画館トリウッドで開催された特別試写会に参加してきました!


f:id:GOUNN69:20170606230321j:plain


お江戸のキャンディー2とは

【あらすじ】
舞台は下北沢から始まる。
代々下北沢生まれの白、猛、イケッチ、智恵は保育園からの仲良し。
幼稚園の頃に結婚の約束をした猛と智恵だが、最近は猛の浮気(?)が原因でギクシャク・・・イケッチは前から智恵が好きだったと猛に告白。
2人の女の子の間で揺れる猛。
ある日、白は映画館トリウッドで上映している映画の世界に入ってしまい、魔物に追いかけられるフリ松に腕を掴まれる。
トリウッド館主に言っても信じてもらえないが、このことがきっかけで時空が曖昧になってしまう。
一方、同じ下北沢では居酒屋「都夏」とボーイズバー「ラカージュ」が騒音問題で対立を始めてもいた。
都夏を継ぐことになっている猛の兄・龍とラカージュのオーナー・六条が対峙する後ろから姿を見せた桔梗に龍は心を奪われる。桔梗もまた運命めいたものを龍に感じていた。

年に一度の下北沢の祭りの日。
白は白鳥太夫の幽霊に誘われるように姿を消し、白を探していた猛、桔梗を追いかける龍、そして六条も・・・皆が忽然と姿を消した。
そして、場面は100年後のEDOへ-


EDOは男しかいない世界。
そこは生粋のEDOの住人が暮らす碗田蘭人(ワンダーランド)と、何かしらのハンディキャップはあるが心優しく美しい人々が暮らす闇田蔵人(アンダーグランド)にはっきりと身分が分かれている場所。
白は白鳥楼の“白鳥太夫”、龍はそこの女衒(ぜげん)として闇田に暮らし、六条は碗田の大黒楼楼主、桔梗は“桔梗太夫”として六条の屋敷に囲われていた。
猛だけは下北沢の記憶しかなく、さらに言葉を話せなくなってしまっていたので白たちに思いを伝えられない。
橙という少年だけが猛の言葉を聴くことができた。
さて、今宵は桔梗太夫のお披露目の日。
六条は人気の白鳥太夫が目障りで、妓有(ぎゆう)に暗殺を指示する。
人々の熱狂渦巻く花魁道中。
花魁道中を見に来た龍と桔梗の視線が絡む。
瞬間、運命の恋に堕ちる二人。
一方で橙は、猛から白鳥太夫が殺されると聞いて白鳥楼に駆けつける。
はたして白鳥太夫は…、そして桔梗と猛の運命の恋のゆくえは…

私が好きな“江戸キャン”

「花魁道中」の時の流れ

艶めく黒のドレスに身を包んだ桔梗太夫の花魁道中は物語中の見せ場のひとつ。
私は花魁道中という言葉から歌舞伎の舞台を連想してしまうのですが、歌舞伎の道中も絢爛豪華。
この世のものとも思えない花魁の姿を拝むだけで男は舞い上がったりのぼせあがったり。
お話の中心となる主人公の男性と花魁とが出会う場面(見初め / みそめ)では舞台に登場している人たちの動きが止まり、つかの間無音になってその瞬間を強調。
ほんの一瞬だけど、時が止まってしまったかのような、すごーくドラマチックなひと時が客席にも流れるんです。
桔梗と龍の間にもお江戸の歌舞伎の世界と同じような「永遠の一瞬」が感じられました。
もう、この感情をどう感じたらいいんだろう? 目の前のひとから目を離すなんて考えられない-そんな無言の時間が美しすぎた。
二人の間に流れる「時」をたっぷり感じられるこのシーンが私はいちばん好きでした。


桔梗と龍の接吻シーン。

「・・・えっ、ガチでBLなの?」って引かないで!
ちょっと待って!
ボーイズラブを強調したようなシーンじゃけっしてないんですよ!
何を言っているかわからねーと思うが、ただ、恋しあったのが男同士で、唇を重ねたのも男同士だったってだけなの。
だって男しかいない世界なんだもの。
見初めた瞬間に運命を感じ合った二人が、やっとお互いに触れ合えたシーン。
ここでも言葉はないけれど、だからこそ二人の想いに胸が詰まるの。
碗田に住む桔梗、闇田の龍・・・身分を超えた恋っていうのも哀しい予感しかないんだけど、そんな悲恋ドリームも女子なら絶対考えたことあるでしょ。


この他、半裸民族系筋肉男子、イカちい男子、飲食店男子、料理人男子、お祭り男子、関西弁やんちゃ男子、流浪のダンサーにポールダンサー、犬系オッドアイ男子、濃ゆいおじさまーズなどなど・・・全編にわたって「女子が観たいメンズ」のオンパレードなので、どこかにぎゅっとくるメンズ&シチュエーションを見つけられると思います!

f:id:GOUNN69:20170607062211j:plain



夢のように切ない世界を彩る音楽と色彩

大音量の「白鳥の湖」。
まばゆい緑の森とか滝の霧がかってる感じとか、降り注ぐきらきらの中で眠る白鳥太夫の美しさとか、いつか夢で見たあちら側の世界を撮ってきたのかしらっていう感覚が不思議と懐かしい。
映画って、映画館で観るためのサイズ・音量で作られているものだから、できることならこの世界は映画館で観て欲しい。
私もまた観に行きます。



上映は新宿シネマート

6月24日(土)先行上映!
7月1日(土)より2週間限定上映です。
詳細はこちらからご確認ください。


大阪上映もあるよ!

先行イベントも上映も東京ばかりでずるい~~~!
という関西勢の皆さん。
7月22日から、大阪シネ・ヌーヴォで上映されるのでもう少しだけ、一緒に震えながら待ちましょう( ᐛ )و



(おまけ1)聖地巡礼

せっかく下北沢に行ったので、撮影が行われた場所を探訪。

下北沢トリウッド

http://tollywood.jp/

お洋服屋さんの2階にある映画館で、どこから入ればいいのか迷いました(笑)
異世界と通じちゃう映画館でしたが、もしかしたらそんなこともあるんじゃないかと思える雰囲気。
通路の照明の感じ、スキ。
近所なら通うのに。

f:id:GOUNN69:20170606230317j:plain


nifunifa

http://nifunifa-mexico.blogspot.jp/

白はメキシコ雑貨屋さんの息子っていう設定で、なんでメキシコ? って思ってたんですがお買い物をした時、店主さんがメキシコの神様のことをお話してくださって「なるほど」と思いました。
メキシコの神さま「サンタムエルテ(スペイン語で死の聖女、死の聖母)」は善悪関係なしにどんな願いも叶えてくれるそうです。男と男の恋の願いも。
https://www.instagram.com/p/BU9dAgJDcm7/
メキシコのカラフルな髑髏ちゃんが好きで♥髑髏ちゃんに描かれてる模様はぜんぶ少しずつ違ってて、選ぶのにめっちゃ迷った!#nifunifa #下北沢 #mexico


(おまけ2)江戸キャンスイーツ&カクテル作ってみた

shiba-fu.hatenablog.com



f:id:GOUNN69:20170607063225j:plain



以上、宣伝部員・無一によります江戸キャンレポでした。
大阪上映が始まって2度目の江戸キャンを観たらきっとまた違うところ、違う人物に目が行くことになるんだろうなぁ~と思うので、その時はまた感想を書きますね。

長いレポとなりましたが今日のところはこの辺で。


あらあらかしこ。



https://www.instagram.com/p/BU9ZSt7DSXH/
『お江戸のキャンディー2』、宣伝部員はじめました。#お江戸のキャンディー2 #lesgarçonsbonbons2



記事を書いているのはこんな人です。

タイトルクリックで詳しいプロフィールページに移動します。
shiba-fu.hatenablog.com
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村