半年にいちどの厄落とし・夏越祓 茅の輪くぐりをしてきました。

スポンサーリンク

近所の神社がわりと大きなところで、大きな茅の輪があったので今朝はこれをくぐりに行ってきました。

f:id:GOUNN69:20150630091133j:plain

「夏越祓(なごしのはらえ)」とは・・・
「水無月の祓い」とも呼ばれる。
1年のちょうど折り返しにあたる6月30日にこの半年の罪や穢れを祓う神事。

「茅の輪(ちのわ)くぐり」とは・・・
チガヤで作られた大きな輪。
茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する。
参拝者が「水無月の夏越の祓いをする人は、千歳の命のぶというなり」などと唱えながらくぐると、夏の疫病や災厄から免れるといわれている。

茅の輪は神社によって大きさに少し違いがありますが、岡崎神社さんの茅の輪はこれくらいの大きさです!
f:id:GOUNN69:20150630092041j:plain

岡崎神社さんはこんなかわいいうさぎさんがたくさんいる子授け・安産、縁結び、厄除けの神社さんです。
f:id:GOUNN69:20150630092133j:plain

哲学の道の方まで少し足を伸ばしたら紫陽花が咲いていました。
f:id:GOUNN69:20150630092431j:plain



明日から7月。
あと半年も無病息災、商売繁盛、家内安全、心願成就で暮らせますように。


記事を書いているのはこんな人です。shiba-fu.hatenablog.com
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村