今さらながらに間宮兄弟を借りてきてしまった自分、疲れてるのかな?!

スポンサーリンク

f:id:GOUNN69:20150529050659j:plain

ツタヤカードを更新したら旧作1本無料券をもらえたので間宮兄弟を借りてきた。

兄・明信、35歳、酒造メーカー勤務。弟・徹信、32歳、学校職員。2人暮らし。読書家、母親思いで、マイペースで人生を楽しむ兄弟だが、おたくっぽいと女性にはもてない。一念発起で恋人をつくろうと、徹信の同僚・依子と、ビデオ屋の店員・直美を誘って家でカレー・パーティーを開く。不倫の恋に悩む依子は兄弟には興味なし。明信は直美をデートに誘うが断られる。その後徹信は、明信の同僚・賢太の妻・沙織に心惹かれるが冷たくふられる。しかし、直美の妹・夕美は徹信に興味を持つ。そして、兄弟の純粋な感性は次第に女性たちの心を動かすことになる……。

“そもそも範疇外、ありえない、いい人だけど、恋愛関係には絶対ならない”男たちをめぐる、江國香織の原作小説の方は読んだことがない。

終盤、直美ちゃんからフラれ、助けてくれーと地面でもがく兄。

「僕たちの世界に戻ろう」て言葉が切ない。

単に、女の子からはもてなくてもささやかな幸せのある生活を描いたほっこり映画では、ないよね。

それでも、歩をわきまえながらも女の子に憧れるきもちがあればその先にはきっと、ささやかな幸せが訪れるはずと思わせてくれるラストに感じられたのは兄弟があまりにも屈託がないからかな。
その屈託のなさがまた何とも言えない。

そういえば自分も、信号待ち中にふと気づいたら横断歩道前で待っている私以外の人たちがすべて男女の二人連れだったという衝撃を受けたことがあるのだけど、それももうおととしのクリスマスのことだ。

なんでこの人が?!という人にも彼氏彼女がいる。
それは、単純に「欲しい!」という意識の違いから生まれる差異。
立ち向かい、傷ついたり、落ち込んだり、そういうことから目を背けないで手に入れられないものを得られている彼・彼女たちは尊敬に値する。

私だって、チャーミーグリーンな生活は理想だけれど世の中にはそういうことが不得手な人間もいるのだ。

理想と自我をもんやりと抱きながら、自分もそんな歩をわきまえた世界からいっぽ踏み出さなければと、またもんやり。