読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いま、会いにいきます。

スポンサーリンク

先週末は連続して、ダンスワークショップで交流のあった子たちの「節目」に立ち会ってきました。

結婚おめでとう

Tくんとワークショップでいっしょの時間を過ごしたのはもう5年も前のことになるのか、と思い返してみてびっくりする。
結婚式の二次会パーティに行ってきました。
SNSで繋がっているとはいえ、いや、だからこそ京都で縁のある人のひとりとして呼んでもらえたのかな。
Tくんは変わらず、ええ笑顔をしていた。
京都に来てから出会った人たちをも見送る側になってきている。
そういう役割もええもんやと思ってる。
おめでとう、末永くお幸せに。

あなたの笑顔を思い出しました

けいちゃんとはさらにプラス1年前のワークショプで知り合いました。
カフェで個展を開くという案内のハガキを送ってもらったので、電車に揺られて元町まで。
けいちゃんともSNSで繋がっているけれど、カフェでお茶をしながら作品を眺めて「元町まで来てよかった」―じんわりとそういう気持ちになりました。
ワークショップで行き詰まり「どうしたらいいかわからない」と涙を流した時のこと、それを乗り越えた後の笑顔を思い出す。
けいちゃんには笑顔がよく似合う。
そんな彼女の笑顔を思い出す澄んだ、明るい作品たちでした。
あなたはあれからこういう風に年を重ねてきたんだね―。

f:id:GOUNN69:20150524103922j:plain
カフェでは作品の販売もあり。
このくるみボタンにヘアゴムを通して使いたいな。
と、髪を伸ばしかけの私はこちらを購入。
早く髪伸びんかな。

www.loftwork.com

f:id:GOUNN69:20150524103959j:plain
今回、個展が開かれていたカフェcalasさん。
真っ白な店内がおしゃれーなだけでなく、このバナナとくるみのケーキがほわっほわで♡
レジのとこで販売されてるさくさくキャラメルも「?!」な食感でおすすめです。calas-kobe.com

ウェブ上だけのつながりではなく

リアルなお友達でもSNSで繋がっちゃうと、それで関係がひと段落してしまうこと、多いです。
その人のいろんなライフイベントはほとんどSNSにアップされて、それを見たら自分もなんとなく追体験できてしまうからなんとなく繋がっていることに落ち着いてしまう。

でも、たまにはお互い連絡をとりあってその人がいる場所まで会いに行くって、ちょっとした「時間を超える旅」みたいで素敵やなって思ったのでした。